About  EMU Australia 

brandstory
water proof
water resistant
history
cerebrity

Brand Story

Brand Story
Brand Story
Brand Story

EMU Australiaは本場オーストラリアのブランドで1994年シープスキンの産地ジロングで生まれました。
1970年代地元のサーファー達がシープスキンを足に巻き、独特なブーツを作ったのが今のシープスキンブーツの始まりです。
オーストラリア最大の羊皮なめし工場の1つであったJACSON'S社貿易がはじまり、彼らの設立当初から脈々と受け継がれた知識や経験、精神は今でも製品に生き続けてます。
「世界で一番はき心地良い靴」をモットーに、伝統的なシープスキンを製造するメーカーとして、今では73カ国以上の国で展開されてる
インターナショナルブランドへと成長しました。

ウォータープルーフコレクション(防水タイプ)

ライニングを最高級シープスキンを使用しレザーの天敵の雨、雪の時でも安心してご使用頂けます。
新しい形のシープスキンブーツです、シルエットは今までよりシャープでエレガントな仕上げです。

ウォーターレジスタントシープスキンコレクション、撥水加工シープスキンブーツ(ムートンブーツ)

EMU独自のウォーターレジスタンドとは
表面をスプレーした物とは違いシープスキンを染めの段階で撥水剤をまぜて加工してるので 断然スプレーしたものと違い長持ちし汚れなど付きにくいので
ケアの部分で軽減しました。また本来のシープスキンブーツの特徴である通気の部分も損なわず、靴内が蒸れないのでさらっとしたはき心地を得られます。

EMUシープスキンブーツ(EMUムートンブーツ)の特徴

EMU独自のウォーターレジスタント加工(撥水加工)が施してある。
すべてオーストラリア産のシープスキンを使用してます。
ヒールカップはかかとをホールドし、かかと型崩れも防ぎます。
カップインソールなので足を包み込みさらにはき心地をアップさせました。
EMUソールは耐久性とクッション性があり足への負担を抑えます。

EMU Australia Brand History

1830年シープスキンの生産が Geelong(オーストラリア,ビクトリア州)にて始まりました。
1890年Geelongにて本格的にシープスキンビジネスが始まります。
1915年オーストラリア国内でサーフカルチャーが浸透し始める。
1948年Gordon Jacson 氏 によって設立されたシープスキン会社 Jacson's company にて貿易が始まる。
1960年オーストラリア国内で爆発的なサーフィンブームが始まる。
1970年

最初にシープスキンを足に巻いて履いてた(この時はUGLY BOOTSと呼ばれてました、のちにUGG BOOTSと呼ばれるようになる)サーファー達に Jacson氏

が今の形のシープスキンブーツを提供し始める。

1985年現在も EMU Australia 本社があるGeelongに工場を設立し、本格的にシープスキンブーツの生産を開始する。
1994年最初にUGG BOOTSを作ったThe Jacson'sのフットウェアーティーム達が新しく本場オーストラリアのシープスキンブーツブランドEMUを立ち上げる。EMU誕生!!
2004年
STOKEcompanyが日本輸入元として日本市場への販売をスタート
世界約70カ国で展開するシープスキンブーツ(ムートンブーツ)のナショナルブランドへと成長し続ける。








EMU Australia Brand History
EMU Australia Brand History

EMU Australiaを愛するセレブ達

EMU Australiaを愛するセレブ達
EMU Australiaを愛するセレブ達